ワーカー

シロアリは住宅被害を引き起こす~害虫退治のガイドライン~

2つの種類に分けられる

担当スタッフ

家シロアリの場合、基本的に2種類に分けられ、ヤマトシロアリとイエシロアリです。それぞれ加害スピードや巣の作り方、生息エリアが違います。違いを知ることで正しい駆除を行なうことができます。

詳しくはこちら

害虫の1種

害虫被害

羽でシロアリか判断しよう

昔から国内のあらゆる住宅に被害をもたらしてきた害虫がシロアリです。シロアリは通常のアリとは違い、羽がついており住宅の建材を蝕んでいくのが特徴です。その為、生活空間の中でアリの羽を見つけた時にはシロアリと思って対策をする人も多いでしょう。しかし、羽アリはシロアリだけでなく黒アリもいます。黒アリの場合、シロアリのように住宅被害を与えないのが特徴となっています。アリの羽は基本的に4枚で構成されていますが、シロアリと黒アリの羽には違いがあります。シロアリの羽が4枚とも大きさが変わらないのに対して、黒アリは前羽が大きく後羽が小さいのです。アリの羽を見つけた時にはすぐにシロアリと判断するのではなく、まずは羽をチェックしておくと良いでしょう。

業者い依頼した方がスムーズ

シロアリを駆除する場合、ホームセンター等で駆除道具や薬剤などを購入して自分で駆除することもできます。自分で行なうとなれば、業者に依頼する必要も無いのでコストもかからないでしょう。しかし、シロアリというのは非常に厄介なもので、正しい方法で駆除しなければ再び家に住み着いてしまいます。自分で駆除したのにも関わらず再び被害に遭ってしまうと、更に駆除コストがかさんでしまうことになるでしょう。シロアリを見つけたという時には、まずは業者に相談しておくことが大切です。被害の度合いによっては、駆除費用もそこまでかからないこともあります。早期発見早期対応であれば駆除作業もスムーズに進む為、快適な環境を取り戻す為にも早めの対応が必要不可欠です。

未然に対策して被害を防ぐ

作業員

シロアリ被害というのは未然に防ぐことも可能です。シロアリのエサとなる建材に薬を塗布して寄せ付けないようにするのです。業者に依頼することでしっかりと予防できますが、保証内容やサービスを確認してから依頼することが大切です。

詳しくはこちら

調査をして駆除しよう

家

シロアリ駆除を業者に依頼する場合、まずは調査や見積りからスタートします。見積りや調査を、無料で行なえる業者も多くあります。コストを抑えたいのであれば複数業者に見積り依頼をしておくのが良いでしょう。

詳しくはこちら